高校生でもAGAになることはある?

AGAは大人がなってる印象が強いですが、育ち盛りの高校生でもAGAになってしまうことはあります。

 

その場合若年性の男性型脱毛症とも言われますが、症状は通常のAGAと変わりません。

AGAは放っておけば、進行してしまう薄毛の病気です。

 

ただ進行には個人差があって、ある程度薄くなったら進行が遅くなったり、中には急激に薄くなる人と様々です。

 
この進行具合は人によって異なって男性ホルモンのレセプター(受容体)の感受性によって異なると言われてます。

これが大きい人の場合AGAの原因であるジヒドロテストステロンをより吸収しやすくなる為、薄毛が起こりやすくなります。

 

レセプターの感受性は遺伝も関係してると言われます。薄毛の家系であれば子もレセプターの感受性は高い可能性があります。

 

 

その為、高校生で薄毛になってきたと感じた場合は、まずはAGAのクリニックに行くことをおすすめします。

専門のクリニックなら薄毛の原因を知ることが出来ますよ。

 
※AGAのクリニックではフィナステリドやミノキシジルを使った治療もありますが、グロースファクター治療と言って成長因子を毛根に注入して発毛させる治療法もあります。

 

これは私がこのブログでおすすめしてるdeeper3dというスカルプエッセンスにも含まれる成分で、未成年にも使えて効果が高いと言われてる成分です。その為こちらの治療法を行うクリニックであれば薄毛治療に行ってくれるかもしれません。

但しdeeper3dを買うよりも治療費が高いです。クリニックにもよりますが1ヶ月あたり1万円以上は高くなると思ってください。

 

なのでなるべく安く治療をしたい場合は、一度クリニックで原因を調べた後はdeeper3dを使って家で薄毛対策をするのが良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>